TOP > 「21」クオリティ

21QUALITY わたしたちが選ばれる3つの理由

理由 豊富な実績 全国の美術館・博物館などで多数の修復実績があります

当修復研究所21は、創立以来数々の美術作品の修復を手がけてまいりました。その域は絵画に留まらず、壁画や立体作品、大型作品などあらゆるジャンルの美術作品に渡り、また、全国の美術館、博物館、資料館、各種財団・個人所蔵の作品などの多くの作品を手がけてまいりました。2012年には迎賓館の天井絵画の修復を行いました(その報告書は内閣府のホームページからご覧いただけます)。それらの修復作業の中で常に、オリジナリティを尊重しながら作品を本来の姿に修復することを心がけております。

主要取引先
青森県立美術館 | アーツ前橋 | 板橋区立美術館 | 一関市博物館 | いわき市立美術館 | 上原近代美術館 | 大川美術館 | 大阪新美術館建設準備室 | 神奈川県立近代美術館 | 神奈川県立歴史博物館 | 川崎市市民ミュージアム | 岐阜県美術館 | 宮内庁三の丸尚蔵館 | 群馬県立近代美術館 | 郡山市立美術館 | 慶應義塾大学アート・センター | 神戸大学附属図書館 | 国土交通省 損保ジャパン東郷青児美術館 | 国立大学法人信州大学附属図書館 | 千葉市美術館 | 国立大学法人東京藝術大学 | 東京国立博物館 | 公益財団法人東京都慰霊協会(東京都建設局東部公園緑地事務所) | 東京都江戸東京博物館 | 東京都現代美術館 | 徳島県立近代美術館 | 豊島区文化デザイン課 ミュージアム開設準備グループ| 栃木市 | 鳥取県立博物館 | 富岡市立美術博物館 福沢一郎記念美術館 | 富山県立近代美術館 | 長野県信濃美術館 | 新潟市美術館 | 練馬区立美術館 | 平塚市美術館 | ふくやま美術館 | ベルナール・ビュフェ美術館 | 北海道立旭川美術館 | 北海道立近代美術館 | 町田市立国際版画美術館 | 松本市美術館 | 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 | 宮城県美術館 | 国立大学法人宮崎大学 | 目黒区美術館 | 株式会社目黒雅叙園 | 靖國神社遊就館 | 山梨県立美術館 | 横浜美術館 | 米子市美術館 | 碌山美術館 | 和歌山県立近代美術館 | 早稲田大学會津八一記念博物館

理由 貴重な作品を本来の姿に オリジナルを尊重する修復技術

修復に際して大事なことは、オリジナリティを損なうことなく安全に修復作業を行い、作品を安定した状態で次世代に残し伝えていくことです。加えて修復作業にともなう詳細な調査と記録は、修復技術や技法材料に関する重要な情報の蓄積となります。
これらの情報を社会に還元していくことも、私たちの大切な役割です。

修復技術

作者不詳「風景」個人蔵

注目 X線による調査診断

当研究所では、必要に応じて紫外線・赤外線・X線・可視光線写真を用いた写真撮影や微量サンプルの化学分析など科学的検査を軸に、ワニス層・絵具層・地塗層・支持体などの各部位に渡る綿密な状態調査を行っています。 修復前に行う現状記録と修復中及び修復後の記録は、処置事項ならびに作業工程の決定に役立つばかりではなく、将来予想される再修復のときに重要な参考資料になります。   X線・赤外線などによる調査診断

絵画の修復は、時に思わぬ古い絵画と遭遇することがあります。たとえば以下の戸張孤雁の「自画像」。左側は作家の自画像として伝えられている絵画ですが、X線の技術を用いて撮影してみると、右側の絵のとおり、人体の足、そして別の角度で人の顔が描かれていたことがわかります。これは、もともとは2倍以上の大きさのキャンバスに男性の体を描き、それを切って別の角度で顔を描いたものと考えられます。さらにその上に、左のとおり正面を向いた自画像を描いたものと推察されるのです。
このように、1枚の絵のように見えても、X線などの専門技術によって、その前に描かれていた古い絵画を発見することがあります。

戸張孤雁「自画像」修復後
戸張孤雁「自画像」修復後
碌山美術館蔵
 
戸張孤雁「自画像」X線
戸張孤雁「自画像」X線

理由 絵画から立体まで 絵画から立体作品、大型作品などあらゆる作品に対応

当研究所で扱う修復は、油彩画、水彩画、版画、デッサン、壁画、立体、さらにこれらのカテゴリーに含まれない作品など、修復の対象も多岐にわたります。

※画像をクリックすると、拡大画像をご覧になれます。

ベルナール・ビュフェ
ベルナール・ビュフェ
「キリストの笞刑」「キリストの復活」
ベルナール・ビュフェ美術館蔵
靖國神社 遊就館蔵
下岡蓮杖 「箱館戦争図」
靖國神社 遊就館蔵
百段階段
百段階段 (株)雅秀エンタープライズ蔵
 

PICKUP

最新の実績
題名 : 「風景」
作者名:  不詳
個人蔵
マウスon